陸マイラーになるのは簡単!?手軽にマイルを貯める方法を紹介!

陸マイラーになるのは簡単!?手軽にマイルを貯める方法を紹介!

32view

2018.07.03

【はじめに】陸マイラーって何?

陸マイラーとは航空券の購入をせずにマイルを貯める人のこと

陸マイラーは、航空券の購入以外(陸地での行動のみ)でマイルを貯める人を指します。もともと、マイルは航空券の購入で貯めるのが主流でした。しかし、現在では航空会社以外との提携が進んでおり、飛行機を利用しなくてもマイルを貯められるようになったのです。

陸マイラーをおすすめできる人とは?

陸マイラーは下記の内容に当てはまる人へおすすめできます。内容がたくさん当てはまる人ほど、陸マイラーに向いているといえるでしょう。

普段、飛行機に乗ることがない人

出張や旅行など、普段から飛行機に乗ることがない人におすすめです。とくに、空港へ行く機会がほとんどない人だと、飛行機へ乗る機会が少ない場合も……。
そのような方も、陸マイラーとしてマイルを貯められます。

飛行機に乗るのが怖い人

高所恐怖症などで飛行機へ乗るのが怖い人も、陸マイラーになることをおすすめします。日頃から頻繁に空港へ通う人であれば、空港内の施設を利用することでマイルは貯まります。また、空港へ行くことがない人でも貯められる場所はたくさんあるので良いでしょう。

娯楽が好きな人

旅行など娯楽でお金を使う人も、陸マイラーに最適です。最近では、アミューズメント施設でもマイルを貯められる場所があります。マイルが貯められる店舗を選びながら、店へ立ち寄るのも一つの手です。

マイルを貯めて旅行へ行きたいと思っている人

貯めたマイルで旅行へ行きたいと思っている人にもおすすめです。国内・海外ともに航空券やホテルの宿泊値引き券と交換できます。場合によっては、普段より少ないマイルで特典を得ることができる場合も。そのため、お得に旅行を楽しめるでしょう。

マイルを簡単(効率的)に貯める方法とは?

1.マイレージがたくさん貯まるカードへ入会する

マイルの貯まり方はカードのパターンによって異なるので、マイル数が多く貯まるものに入会しましょう。カードによっては「通常マイルの2倍」貯まる場合もあります。ただ、高額な年会費を支払わなければならないケースがあるので、詳しい詳細を見たうえで申し込んでください。

2.マイルの積算率が多い店舗を利用する

実は、店舗によってマイルの付与のされ方は異なります。具体的に言うと、「200円に付き1マイル」貯まるケースがあれば「100円に付き1マイル」貯まる店舗もあるということです。少ない費用でマイルをたくさん貯めたいと思っている方は、「100円に付き1マイル」貯まるような店舗を利用すると良いでしょう。

また、店舗によってはマイレージカードを使うとマイル数が2倍になるケースもあるので、そちらも合わせてご確認してみてください。

3.日頃の生活でマイルを貯める

日頃の生活でマイルを貯めるのも重要です。日頃の生活でマイルを貯める習慣がついていれば、陸マイラーとしてマイルを貯めやすくなるでしょう。

4.ポイントサイトを使ってマイルと交換する

ポイントサイトに登録後、貯まったポイントをマイルへ交換する方法もあります。ポイントサイトとは、「アンケートへの回答」や「広告クリック」などでポイントを貯められるサイトのことです。工夫すれば、お金をかけずにマイルを貯めることも可能です。

ただし、ポイントサイトを利用するときは下記内容のことを意識して慎重に選択する必要があります。

ポイント交換率を確認してから登録する

ポイントとマイルの交換比率を確認してから、ポイントサイトへ登録しましょう。例えば、Aサイトが「3,000ポイントで1,000マイル」を交換。Bサイトが「2,000ポイントで1,000マイル」交換できる場合、お得なのはBサイトです。

また、ポイントサイトによってはマイルへ交換するときに「交換手数料」が発生するケースもあるので、そちらも確認したうえで登録しましょう。

信用できるサイトか確認する

登録しようとしているポイントサイトが信用できるサイトか確認するのも大事です。例えば「詐欺被害がないか?」、「ポイントは迅速に交換してもらえるか?」、「運用元会社・お問い合わせ先が明記されているか?」などです。インターネット上で確認できます。会社の存在についても「法務局」で確認できるので試してみてください。

航空券の購入以外で、どうやってマイルを貯めれば良い?

1.コンビニ

「食事」などでコンビニを利用する方は、マイルが貯まるコンビニで買い物すると良いでしょう。コンビニによっては、期間限定で通常よりもマイル数が多く貯まるセールを行っている場合もあります。商品によっては、通常よりもマイルが2倍、3倍貯まるケースもあるので、ぜひ探してみてください。

2.飲食店

飲食店でもマイルを使える場所は増えてきました。高級レストランからファストフード店まで、いろいろな場所でマイルが貯まります。なかには全国展開している店舗もあるため、地方へ住んでいる人も気軽にマイルを貯められるはず。

また、店舗によってはインターネット上からの予約でマイルがさらに貯まるケースもあるので活用してみてください。

3.ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでもマイルを貯められる場所はあります。マイルが貯まる場所でガソリンを入れ続けていると、いつの間にか1,000マイル、2,000マイルと貯まっているかもしれません。しかも、車を利用している人にとってガソリンは「生活必需品」なので、マイルも貯まりやすいでしょう。

4.カラオケボックス

カラオケボックスでも、マイルが貯まる店舗はあります。とくに、平日の日中だと部屋料金が比較的安めに設定されていることが多く、お財布にも優しいです。店舗によってはランチ付きのプランを提供している場所もあるため、営業など外回りをしている人に使いやすいでしょう。

また、大人数でカラオケボックスを使うと支払額が増え、マイルもたくさん貯まるので有効活用してみてください。

陸マイラーとしてマイルを貯める際に注意することとは?

1.マイルの有効期限に気を付ける

マイルの有効期限には気を付けてください。なお、有効期限は「付与日より〇年」という形で設定されていることが多いです。ただ、マイルの有効期限は、マイレージカードを利用して支払った金額や、カードの種類によって異なります。仮に、Aさんのマイル有効期限が積立日より5年だとしても、あなたのマイルの有効期限は「3年」ということもあり得ます。

そのため、マイルを貯めるときには「いつまでにいくらのマイルを貯めるか」計画を立てましょう。また、インターネット上でマイルの有効期限を閲覧できるサイトもあるので、ぜひ試してみてください。

2.無駄遣いに気を付ける

一番気を付けていただきたいのが、無駄遣いをすることです。人によっては、マイルを貯めたいがあまり余計な出費が発生するケースもあります。なかには、「マイルより現金を使って旅行した方が良かったのではないか?」という人もいます。ただ、そうは言っても無駄遣いをしないのは難しいです。そこで、元経理職の私が3つの方法を紹介します。

家計簿の記入

無駄遣いをしないためには、自身の家計を把握することです。そのためには、家計簿の記入が有効です。毎月の出費を記録することで、無駄遣いが増えた原因をつかめます。

また、記録した家計簿の内容を見てどうすれば良いか分からない人も、記録した内容をファイナンシャルプランナーなど、専門家へ見せると的確なアドバイスをもらえる確率も上がるでしょう。最近では、アプリで記入できるタイプもあるので、ぜひ活用してみてください。

毎月の買い物金額を抑える

買い物金額を抑えることで、「少ない支払のなかで、どうすれば効率良くマイルを貯められるか?」考える習慣が身に付くでしょう。習慣さえ身に付けば、少額の買い物でもマイルを貯められるようになり、快適な生活を送れるはずです。

極力安い商品を購入する

食品や雑貨などを購入してマイルを貯める場合は極力安い商品を購入しましょう。日頃から安い商品の購入を意識すると、お金を浪費する習慣も減ります。また、さきほども話したように商品によってはボーナスマイルが設定してあり、高い商品を購入するよりもマイルが多く貯まるケースもあります。日頃の行動が積み重ねとなり節約志向へつながるので、ぜひ実践してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る