陸マイラーが地方でマイルを貯めるならクレジットカードを活用する

陸マイラーが地方でマイルを貯めるならクレジットカードを活用する

942view

2018.07.03

陸マイラーの活躍の場は増えている

陸マイラーといえば、もっぱら陸上でマイルを貯める人のことを指すイマドキの造語です。本来、マイルは航空会社の航空機に搭乗して貯めるフライトマイルを指していました。しかし、マイレージサービスの発展で、関係ホテルの利用をはじめ、フライトマイル以外にもマイルが貯まることに目をつけて活動しているのが陸マイラーです。

そもそも、航空機に搭乗してマイルが貯まるといっても、頻繁に航空機を利用する人でなければ恩恵が少ないという面があります。たまにしか行かないショッピングセンターのポイントを貰っても、使えるほど貯まらないのに似ています。

しかし、陸上でもマイルが貯められるとなれば話は別です。マイレージサービスの活性化にも役立つのが、フライトマイル以外のマイルであり、陸マイラーが活躍できる環境だといえるでしょう。

とはいえ、マイルを貯められる場所やシーンが多いのは都会だけではないかという声もあります。地方に行けば、まだまだマイルを貯めにくい状況があるというのです。そこで、地方のマイル事情をチェックしておきます。

地方の陸マイラー事情とは

地方の陸マイラーとポイントサイト

地方でマイルを貯める機会が少ないとすれば、陸マイラーは地方にはいないか、いても少数だと思われます。しかし、どうも地方だからといって陸マイラーが少ないという根拠はなさそうです。地方でも陸マイラーは活躍しています。

彼らが活躍できるのはクレジットカードの有効活用をしているからだといえるでしょう。陸マイラーには、ポイントサイトなどを利用してポイントをマイルに交換している人もいます。しかし、ポイントサイトでポイントを貯めるのは、口でいうほど楽な作業ではないといえます。

ポイントサイトって何?という人のために、簡単に説明しておきます。サイト内で紹介されている各種のアンケートや資料請求などにアクセスして一定の要件を満たすとポイントが付与されます。そのポイントが一定数まで貯まれば、現金や商品、マイルなどに交換できるというものです。貰えるポイントの出所ですが、参加している企業の広告宣伝費が原資になっていると考えればよいでしょう。一種のアフィリエイトのようなものです。

もちろん、暇な時間を利用してポイントサイトを利用するのもよいでしょう。陸マイラーとしての生き方は人それぞれです。しかし、クレジットカードを有効に使うことも忘れてはいけません。

ポイントサイトでのクレジットカード申し込み

ただ、クレジットカードの活用といっても、ポイントサイトでクレジットカードを申し込むという意味ではありません。ポイントサイトでのクレジットカード申し込みは、たしかに大量のポイントが貰えます。したがって、交換で得られるマイルも多いでしょう。

何しろ、クレジットカード1枚の発行につき、少なくても1,000円相当、多ければ1万円相当以上のポイントが貰えます。多くは数千円ですが、まとめて10枚申し込めば数万円ゲットだと思って頑張る人もいます。

ただ、マイルへの交換レートは100%ではないことが多く、50%程度の珍しくないため、1万円分のポイントでも5,000マイル程度になってしまいます。とはいえ、5,000マイルの価値自体が1万円くらいはあるともいえるため、陸マイラー諸氏が頑張っているのだともいえます。

しかし、クレジットカードの発行を立て続けに申し込めば、信用情報に悪い影響があります。通常は、信用情報機関に申し込みの事実が6ヶ月間程度は登録されます。そして、カード会社は新規の申し込みがあると、この情報を照会します。

つまり、この人は短期間にクレジットカードの申し込みを繰り返しているということがわかるため、カードの新規発行を拒否される可能性があるのです。そうなれば、ポイントもマイルも貯まりません。

また、仮にうまく数万円分のマイルをゲットできたとしても、同じクレジットカードを再度作るわけにはいきません。したがって、すぐにネタ切れになってしまいます。

陸マイラーに向いているクレジットカード

JALカード

JALカードは、日常のショッピングでも自動でマイルが貯まるクレジットカードです。その率は、100円につき1マイル。もちろん、公共料金の支払いなどでもマイルが貯まります。しかも、JALカード特約店での利用については、100円につき2マイルが貯まる倍増特典付きです。

いくら倍増するといっても、特約店が少なければメリット半減というところですが、JALカード特約店は全国に約52,000店もあります。また、主要3国際ブランドも選べるため、使えるお店に事欠きません。

マイル倍増のチャンスはそれだけではありません。JALカードショッピングマイル・プレミアムへの入会で、マイルが2倍になります。

マイルを貯めながら、JALカード会員向けの割引サービスも受けられるため、さらにお得な陸マイラー生活を送れるのがJALカードです。JALカードの普通カードは年会費も1年間は無料。

ANA JCBカード

ANA JCBカードは、毎日のショッピングでも提携パートナーでの利用でもマイルが貯まるクレジットカードです。マイルを貯めるのは、1,000円につき1ポイントのOki Dokiポイントを貯めてマイルに自動で交換する仕組みになっています。

年会費無料のANA JCBカード ZEROの場合、1Oki Dokiポイントが5マイルになる5マイルコースの設定です。 また、ANA JCBカードなら通常入会ボーナスマイルやキャンペーンマイルが貯まります。さらに、空港内のANA FESTAで1,000円以上ショッピングすれば10%オフになる特典付きです。

その他にも、楽天Edy機能が付いていたり、セブンイレブンでのクイックペイ利用でもマイルが貯まったり、陸マイラーには見逃せないカードといえます。

ANA VISAカード

ANA VISAカードは、新規入会時だけでなくカードの更新時にもボーナスマイルが貯まる、三井住友カードのクレジットカードです。初年度の年会費が無料の一般カードなら、新規入会時も更新時も1,000マイルが貯まります。最高はANA VISAプラチナ プレミアムカードで、各1万マイルです。

毎日のショッピングでもマイルが貯まるのは当然として、ANAカードマイルプラス加盟店なら、お得にマイルが貯まる商品もあります。ANA FESTAで1,000円以上のショッピングで10%オフになるなど、ANAカードとしても特典はANA JCBカードと同様です。

一般カード5マイルコースのマイルへの移行レートは1ポイントにつき5マイルです。ただし、
ボーナスポイント、プレミアムポイントは1ポイントにつき3マイルとの交換になります。
また、楽天EdyとiDを搭載しており、クレジットカード以外に電子マネーとしても活用可能です。

地方で貯める陸マイラー

全国各地の陸マイラーが、地元だけでなく他の地方でもマイルを貯めるには、旅行の際にANAやJALの系列ホテル・提携ホテルを利用するのが近道といえます。

ANAには、系列や提携ホテルの予約サイトとして「マイルが貯まるANAの@ホテル」があります。ANAマイレージクラブ会員が利用すれば、100円につき1マイルが貯まるホテル予約サイトです。提携ホテルの利用で貯まるマイルは、概ね150マイルから500マイルくらいとなっています。

JALにもサイト経由でのホテル利用でマイルが貯まるサービスがあります。ホテル予約サイトKaligo.comなら、貯まるマイルも大きく、100円につき3マイルです。国内のホテルを予約するJALイージーホテルでも、100円につき1マイル貯まります。

マイレージ対応クレジットカードを使った日常のショッピングと予約サイト経由の提携ホテル利用。これからは、陸マイラーと一般のマイルユーザーに共通のマイルの貯め方が重要になるかもしれません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る