基本を押さえよう!陸マイラー初心者がチェックすべき要素とは

基本を押さえよう!陸マイラー初心者がチェックすべき要素とは

132view

2018.07.03

陸マイラーの一歩を踏み出すために

フライト以外でマイルを貯めていく陸マイラーの人は、いろいろなところでマイルを貯めています。マイルをとても貯めている人が増えてきているという話を聞き、陸マイラーになる人もいますが、いきなり陸マイラーとしてマイルを貯めようとしてもうまくいかないことが多いです。

マイルを貯めるためにはいくつかのポイントをしっかりと押さえておく必要がありますので、その点についてチェックしておかなければなりません。初心者なら誰もが通る道になりますから、陸マイラーのとしての第一歩を踏み出せるようにしましょう。

クレジットカードを選定しよう

普通に使っていても貯まりづらい

まずクレジットカードを選ぶことが、陸マイラーにとっては大事になります。最近ではマイルを取り扱っているANAマイレージクラブと提携しているクレジットカード会社増えていることで、「自分の持っているクレジットカードをマイルに交換できる」と考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、マイルに関しては還元率や交換レートがありますから、しっかりと使用するクレジットカードを選ぶ必要があります。「いろいろなカードを作成して、状況に応じて使い分けていく」というのも選択肢になりますが、その場合は管理が大変になるのであまりおすすめできません。

クレジットカード毎にどれだけポイントを貯めているのか判断することに手間が掛かりますし、年会費が有料である場合はそれが大きな負担になってしまう可能性もあります。クレジットカードは持っているだけで不正利用されるというリスクもありますので、2,3枚くらいのクレジットカードを使い分ける形でマイルを効率的に貯めていくことを目指していきましょう。

また、クレジットカードには入会特典としてポイントが付与されるものもありますが、闇雲に申し込みを行うとカード会社の判断する信用が低くなり、新たなクレジットカードが作成できなくなる危険性がありますので、自分の利用したいカードに絞って申請を行うようにしましょう。

陸マイラーが恩恵を受けやすいクレジットカード

それでは、マイルを貯める上で役立つクレジットカードについて紹介していきます。基本的にはANAマイレージクラブが発行しているクレジットカードがマイル貯めに役立ちますので、おすすめです。

ANA JCBカード

  • 年会費
     2,000円(税抜)  ※初年度限っては無料
  • 移行手数料
     10マイルコース 5,000円(税抜)
     5マイルコース 無料
  • 換算率
     10マイルコース 1,000円=1ポイント=10マイル
     5マイルコース 1,000円=1ポイント=5マイル

ANAマイレージクラブとJCBが提携して発行しているクレジットカードです。何といっても10マイルコースの1,000円=10マイルという高い還元率が魅力的であり、貯めこんだポイントを高いマイルに返還することができるのが大きい要素といえるでしょう。

年会費に関してもそこまで高額でないことが大きなメリットであり、マイルを貯めていく上での効率の高さがとても大きく、優れたパフォーマンスを発揮することができます。

ANAマイレージクラブのクレジットカードなので、「旅行に行くためにマイルを貯めていきたい」と考えている人にとって嬉しいサービスがついていることも見逃せません。

貯めたマイルを旅行に使いたい人は、ANA JCBカードのサービスについて確認しておきましょう。発行元のJCBと提携しているクレジットカードのため、10マイルコースでマイルに移行する際には移行手数料が発生することを先に留意しておかなければなりません。

ANA VISAカード

  • 年会費
     2,000円(税抜)※初年度限っては無料
  • 移行手数料
     10マイルコース 6,000円(税抜)
     5マイルコース 無料
  • 換算率
     10マイルコース 1,000円=1ポイント=10マイル
     5マイルコース 1,000円=1ポイント=5マイル

こちらは、VISAブランドと提携する形で発行しているANAマイレージクラブのクレジットカードになります。VISAブランドということもあり、世界でも使用できる範囲が広いということが何よりの特徴といえるでしょう。

先ほど旅行に関するサービスについて触れましたが、VISAブランドのクレジットカードならサービスを受けるだけでなく、海外旅行先でも使えるということが非常に大きいです。ただ、ANA JCBカードと比較すると、マイル移行手数料がやや割高になっていることがデメリットになります。

移行するたびに手数料が掛かってきますから、陸マイラーとしてマイルに移行していくたびに手数料の金額が積み重なっていく点に関しては注意です。陸マイラーの人がJCBにするのかVISAにするのか考えた場合、海外によく行く事情がある人ならVISAブランドと提携しているこちらが合致しているということになります。

この他にもマイルに移行できるクレジットカードはたくさんありますので、自分の良く利用するお店等で恩恵を受けることが可能なものを選ぶのも選択肢です。

ポイントサイトを利用しよう

ポイントサイトとは

マイルを貯めようと考えたとき、買い物、月額決済、サービスを利用などいろいろな方法があります。
しかし、クレジットカードを使用している人が誰でもするような使い方だけでは、マイルがあまり貯まっていかないというのが実情です。

陸マイラーの人は、これらに加えてポイントサイトを利用しているということがポイントになります。
ポイントサイトは、登録者がポイントサイトに用意されている条件をクリアしてポイントを獲得し、獲得ポイントをお金に換えるというサービスを展開しているサイトです。

現在このポイントサイトが増加傾向にありますが、中には貯めたポイントを直接マイルに交換できるサイトがあるのが陸マイラーにとって大きな要素になっています。条件に関しては無料ゲームのプレイなどとても簡単なものも多いので、気軽にマイルをどんどん貯めることができるので、陸マイラーなら絶対利用したいものです。

サイト選びのポイント

ポイントサイトを選ぶための要素は以下の通りです。

レートの高さ

一番大事なるのが、ポイントレートになります。
より多くマイルを稼ぐためにとても重要なファクターになりますので、しっかりとチェックしておきたいです。

最低換金額

最低換金額とは、どれだけお金が貯まった時にお金に換えることができるのかという最低限の金額です。 当然、最低換金額は低い方が交換しやすくなりますので、押さえておかなければなりません。

慣れたら自分自身で工夫して稼ぐ術を模索する

陸マイラーとしてスタートする場合は、「マイルをしっかりと稼げるクレジットカードを作成する」、「積極的にポイントサイトを利用する」といったことが必要になります。 マイル稼ぎのようにクレジットカードやポイントサイトが大きく関わる場合、常に情報を見極めることが重要です。

当然ですが、新たなサービスが開催されたり条件等が変更される場合がありますから、その情報をいち早く仕入れて対応していかなければしっかりとマイルを貯めることが難しくなります。 陸マイラー初心者の方によってはなかなか慣れないことが続きますが、陸マイラーとしていろいろな取り組みを行っていくうちにいろいろな発見をすることも大事なことです。

まずは、ポイントを貯めるために大まかな要素を押さえて取り組んでいき、慣れてきたら自分なりによりマイルを稼ぐことができる工夫を凝らしていけば、マイルをより多く貯めることができるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る