陸マイラーならサブカードを駆使してマイルを効率よく貯めよう

陸マイラーならサブカードを駆使してマイルを効率よく貯めよう

477view

2018.07.03

サブカードをうまく使えるのが一人前の陸マイラー

陸マイラーが効率よくマイルを貯める一番の近道は、メインカードを集中して育てることです。クレジットカードのグレードが上がればマイルの還元率は基本的に高くなります。また1年間の利用金額が多くなれば多くなるほどカード会員としてのグレードも高くなり、翌年のマイル還元率が高くなるようなクレジットカードも多く存在します。

このように複数のクレジットカードをまんべんなく使うよりは、メインカードに集中してグレードを上げていくのは陸マイラーとしては絶対にやるべきことです。

ただし、メインカードだけを育てている陸マイラーは一人前とはいえません。本当に優秀な陸マイラーは必ずメインカードの他にサブカードを所持していて、このサブカードをうまく使ってマイルを効率よく貯めているのです。

この記事では陸マイラーにとってのサブカードの重要性や、どのようなサブカードを選べば効率よくマイルが貯まるかなどを徹底解説しています。まだサブカードを持っていない陸マイラーも、すでにサブカードを運用している陸マイラーもぜひ最後まで読んでみてください。

なぜ陸マイラーはサブカードを持つべきなのか

メインカードを補うため

サブカードはなぜ持つ必要があるのでしょうか?すでに説明したようにクレジットカードは一枚のカードを集中して育てた方がメリットは多くなります。一見するとサブカードが必要ないようにも思えますが、しかしメインカードだけではどうしても補えないような場面というのは必ず存在します。

例えばふらっと訪れた飲食店やホテルなどでマイルが貯まるどうかはわかりません。そのような場合でもサブカードを使えばなんらかのポイントが貯まり、そのポイントがマイルに交換できるとすればメインカードの欠点を補えることになります。

メインカードが使えない場合

クレジットカードは現金と違ってどのような状況でも100%使えるわけではありません。例えばクレジットカード会社のシステムトラブルなどでカードが使えなくなることはごくまれにあります。

クレジットカードが使えず現金も持ち合わせていないような場合は、支払いが出来なくなって恥をかいてしまうこともあるでしょう。サブカードを持っておけばメインカードが何らかの理由で使えなくなっても安心です。

保険が合算される

どのようなクレジットカードでも保険サービスが付帯しています。主な保険は以下の通りです。

海外旅行傷害保険

海外旅行中に怪我や病気になった時の治療費に対する保険です。日本国内と違い海外では保険証は当然使えません。高額な医療費を全額自己負担しなければいけないため、人生計画が大きく狂ってしまうほどの多額の治療費を背負ってしまう人も少なくありません。

クレジットカードの海外旅行傷害保険があれば、ほぼ全額治療費を保険でまかなうことができるため、陸マイラーが貯めたマイルで海外旅行に行った時でも安心です。

国内旅行傷害保険

クレジットカードの保険サービスは国内旅行でも適用されます。旅行中の公共交通機関を利用中の事故による怪我や、宿泊施設の火災などで受けたやけどなど、思わぬトラブルに見舞われた時でもクレジットカードの国内旅行傷害保険があれば安心です。

航空便遅延保険

航空機に遅延や欠航がつきものです。特に最近は格安の航空会社であるLCCが増えており、遅延や欠航などで移動できなくなってしまったり、宿泊をキャンセルせざるを得なくなったりするなどの報告がSNS上などでもよく見られます。そのような場合でも航空便遅延保険は数万円程度ではありますが旅行代金を保証してくれるので助かります。

このようなクレジットカードの保険サービスは確かに便利ではありますが、1枚のクレジットカードが保証する金額だけでは重大な事故などの場合賄えないこともあります。しかし、もし複数のクレジットカードを所持しておけば保険の金額を合算できます。

メインカードと合わせてサブカードの保険も適用することで自己負担を0円にできる可能性がより高まるでしょう。なお傷害保険では死亡や後遺症が残るような事故の場合、複数のクレジットカードの保険金額は合算できない決まりとなっています。

陸マイラーのサブカードの選び方とは

メインカードと同じマイルで統一する

メインカードがANAマイルを貯められるクレジットカードの場合は、サブカードもANAマイル系のクレジットカードにするべきです。徹底的に一つの航空会社のマイルを貯めることで、より海外旅行の無料航空券などの大きなものに交換しやすくなるでしょう。

メインカードはANAマイルでサブカードはJALマイル系などのように分散してしまうと、いつまでも無料航空券にマイルが足らずに旅行できないという状況に陥ってしまいがちです。必ず一つの航空会社系マイルにメインカード・サブカードを統一するようにしましょう。

マイルの還元率が高い

いうまでもありませんが極力マイルの還元率が高いサブカードを持ちましょう。メインカードと比べるとそこまでサブカードは還元率にこだわる必要はありませんが、高ければ高いに越したことありません。

年会費が安い

メインカードの年会費は多少高くても問題はありません。メインとなるクレジットカードなので人前で使う機会も多いでしょう。なるべく格の高いクレジットカードを使って、社会的なステータスを誇示するというのも陸マイラーとしては悪い気分ではないからです。

しかしサブカードまで格の高いクレジットカードにして、高い年会費を支払う必要は全くありません。年会費が数万円かかるメインカードであればサブカードは高くても数千円、できれば無料に近いクレジットカードを持つべきです。

メインカードもサブカードも高い年会費にしてしまうと、いくらマイルを貯めてもクレジットカードの年会費分で結局損をしてしまっているということもありえます。貯めたマイルのポイントだけを考えるのではなく、マイルを貯めるために使った金額も考慮に入れておきましょう。

メインカードがJCBならサブカードはVISAにする

JCBは日本発のクレジットカードの国際ブランドです。日本国内ではJCBを使えない店舗はほとんど見当たりません。そのぐらい圧倒的にJCBが普及しています。

しかし海外ではJCBが使えない場所が多く存在します。世界的にはVISAとマスターカードの二つの国際ブランドが圧倒的なシェアを誇っており、JCBは日本国内のようなシェアはありません。

もしメインカードがJCBのブランドであれば海外旅行で使うときのことも考えてサブカードはVISAにしておくのがいいでしょう。マスターカードでも構いませんが、日本国内ではマスターカードが使えないところも多くあります。世界でも日本でもほぼ全ての場所で使えるVISAをサブカードにしておくのは陸マイラーとしては賢い選択です。 

サブカードでは重視しなくてもいいものもある

逆に、陸マイラーのサブカードでは重視なくていいものはあるでしょうか?クレジットカードのステータスにこだわる必要は全くないでしょう。クレジットカードのステータスは他人に対して社会的な地位を示すためにも使われる重要なものではありますが、サブカードにまでステータスでこだわる必要全くありません。

サブカードとして優秀なANA VISAカード

もし1枚だけサブカードのおすすめをあげるならばANA VISAカードが挙げられるでしょう。クレジットカードとして老舗の三井住友VISAカードと航空会社のANAが共同で発行しているクレジットカードです。ANAのマイルが貯まるのはもちろんの事、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などの付帯サービスも充実しています。

ワイドカードやゴールドワイドカードなどとステップアップすることで、ANAマイルの還元率もどんどんと高まります。さらに1年間で使った利用総額が翌年の会員ランクに反映され、使えば使うほどANAマイルの貯まり方も速くなります。ANA VISAカードは、貯めたマイルで旅行を夢見ている陸マイラーにとっては最適のサブカードといえるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る