陸マイラーはリボ払い必須?失敗しないためのテクニックとは

陸マイラーはリボ払い必須?失敗しないためのテクニックとは

288view

2018.07.03

陸マイラーってどういうもの?

飛行機に乗らずマイルを貯める陸マイラー

マイルとは航空券を購入した時に付与されるポイントのようなものです。マイルはポイントの中でも貯まりやすいもので、貯まったマイルでコンビニやレストランの支払いが行えるので、人気となっています。

頻繁に旅行に行く人は必然的にマイルが貯まっていくのですが、航空券を買わずに陸地(普通の買い物等)でマイルを貯めている人のことを、陸マイラーと呼んでいます。サラリーマンやOLをしながらでも陸マイラーを行えるので、副業感覚でマイルを貯めている人も増えてきています。

クレジットカードでマイルを貯めていく

陸マイラーはクレジットカードでマイルを貯めていきます。クレジットカードを使うと数%のマイルが貯まっていくというシステムなので、初めての人でも簡単にマイルを貯めることが出来ます。マイル還元率の高いクレジットカードを片手に、マイル還元率の高いお店で買い物や食事をするだけです。

場所によってはアミューズメントパークでもマイルに還元できる場所があるので、楽しみながらマイルを貯めて、マイルだけで旅行に行くことも可能です。マイルは付与されてから3~5年が有効期限なので、その期限内でマイルを貯めていく必要があります。

ポイントサイトでマイルを貯める方法も

ポイントサイトに登録して、広告をクリックしたり動画を見ることでマイルが貯まっていくというものもあります。陸マイラーの中にはこういったポイントサイトを使ってマイルを貯めている人も多いので、コツコツとした作業が苦手でない人は、ポイントサイトの利用もおすすめです。

マイルはどこで使えるの?

マイルを使える場所は増えてきています。コンビニやレストランはもちろん、アミューズメントパークやホテルなどでもマイルを使えることが多いので、マイルを貯めたら何に使おうか考えるのも楽しいものです。

陸マイラーの中にはマイルだけで一週間の旅行が組める人や、マイルだけで食事をしているという人も少なくありません。あくまでポイントですが、いつもの買い物をクレジットカードに変えるだけでも陸マイラーになれますよ。

クレジットカードのリボ払いとは?

リボ払いとは?

リボ払いとは、クレジットカードで購入したものを分割で請求をしてくるというものです。リボ払いには大きく分けて「定額払い」と「回数払い」の2つに分けられます。定額払いは、月にいくらずつ支払っていくと設定していくものです。

例えば、1万円の商品を購入したとして、それを月々1500円ずつ支払っていくと設定するのが定額払いです。手数料が少しかかってしまいますが、定額なので月々の負担が少なくなっていきます。回数払いは、購入金額を回数で割った分を請求するものです。

1万円の商品を購入して、4回払いにすると2500円ずつ支払うというものです。カードで一括で払っていて、カード会社が分割に請求しているため、カード会社に手数料などが掛かります。

リボ払いは借金と同じ

リボ払いにすると分割手数料が請求額に乗せられています。一見分割の方が安いですが、積み上げてみると購入金額よりもずいぶん大きな金額が請求されています。クレジットカードを使っている人の中には利用したことがある人もいるかもしれませんが、ローンと同じなので結局のところは借金と同じです。リボ払いはしないほうが良いものです。

リボ払い専用のクレジットカードに気を付ける

インターネットで申し込むタイプのクレジットカードには、リボ払い専用のカードも存在します。知らずに申し込んでしまうと、資金が合って払えるのにリボ払いになってしまって結局損をするということがあるので、陸マイラーはカードを作るときには慎重に作った方がよいです。

陸マイラーはリボ払い必須なの?

リボ払いの方が還元率がいい

陸マイラーはクレジットカードでマイルを貯めていくので、クレジットカードでの支払いが多くなっていきます。そんな陸マイラーの多くは「リボ払い前提のクレジットカード」を使っています。その理由は、陸マイラーの多くはマイルの還元の高い三井住友VISAカードを使っているからです。

三井住友VISAカードは、マイ・ペイすリボというリボ払いのサービスを付与することで、マイルの還元率が1.3%になります。かなり還元率が高いので、陸マイラーのほとんどが三井住友VISAカードのリボ払いサービス付きを使っていると言っても過言ではありません。当然ですが、還元率が高いとマイルが貯まりやすいです。

小額リボ手数料を発生させるとポイントアップ

三井住友VISAカードのクレジットカードで、少額のリボ手数料を発生させるとポイントが2倍、ゴールドカードの場合は3倍になるという効果があるので、使い方によってはかなり多くのマイルを貯めることが出来ます。

リボ払いは基本的にはしないほうが良いものではあるのですが、三井住友VISAカードは月々のリボ払いを設定できるので、計算をしながら得をするようにマイルを貯めている陸マイラーも多いようです。上手く使えば、マイル還元率が1.72%まで増やすことも出来るそうなので、陸マイラーはリボ払いをうまく利用しているようです。

年会費も無料になる

三井住友VISAカードは、初回は無料で作ることが出来ます。しかし、継続する場合は年会費が掛かります。それもマイ・ペイすリボというリボ払い機能を付けておくと年会費が無料になるのです。陸マイラーは数年でマイルを貯めていくことが必要になるので、クレジットカードの継続も必須です。

三井住友VISAカードは陸マイラーの必需品になっています。クレジットカードを継続すると1000マイルが貰えるのも嬉しいサービスですね。

陸マイラーがリボ払いで失敗しない3つの方法

(1)リボ払いの上限をアップさせておく

リボ払いは使った金額よりも、分割にした金額の方が小さくなっていると強制的に分割になってしまい、手数料が多くかかってしまいます。例えば、1万円の商品をリボ払いにした後、定額支払いに切り替えて、月々の支払金額を3万円に設定すれば最小の手数料だけで支払うことが出来ます。

リボ払いした商品よりも高い金額を定額で支払うように設定すれば、リボ払いがローンとして残ることも、手数料が掛かるということもありません。資金がある場合にリボ払いにするときにはこういった手法を取ることが出来ます。

(2)三井住友VISAカードは「利用限度額全額」にする

マイルの還元率が高い三井住友VISAカードには、マイ・ペイすリボがついてしまっています。これはオートでリボ払いになってしまうシステムなのですが、返済金額を「利用限度額全額」に設定することが出来ます。

例えば、クレジットカードの利用限度額が100万円だった場合、クレジットカードでどんな使い方をしたとしても、毎月100万円以下の利用料金全額の支払いが来るというものです。この方法であれば手数料がかかることもないので、陸マイラーにも人気の利用方法となっています。

リボ払いにするとマイルが貰えるキャンペーンなども定期的に行われているので、お得にマイルを貯めることが出来ます。

(3)支払日までに支払う

クレジットカードで使った金額を、ネットバンキングで返済するという方法があります。ネットバンキングに登録しておく必要がありますが、登録している口座からクレジットカードで支払った金額を引き出して支払うことで、そもそもクレジットカードの支払いが来ることはありません。

カードを利用した日から引き落とし確定日までに行っておく必要があるので、利用する日などはよく考えて行えば、リボ払いにした時のマイルだけを得ることが出来ます。

陸マイラーはリボとの付き合い方が大切

陸マイラーはマイルを貯めるためにリボ払いを取り入れることが大切です。毎日の買い物をリボ払いにして、リボ払いの手数料を払わないように調整しておくことで、負担が少なくリボ払いを行うことが出来ます。リボ払いを取り入れることでマイルは貯まりやすくなるので、リボとうまく付き合ってマイルをたくさん貯めていきましょう!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る