JALマイルは貯めにくい?陸マイラーおすすめのマイルの貯め方

JALマイルは貯めにくい?陸マイラーおすすめのマイルの貯め方

249view

2018.07.03

陸マイラーが使うのはANA?JAL?

そもそも「陸マイラー」とは

航空券を購入したときに付与されるマイルを、飛行機に乗らずに貯めていく人のことを陸マイラーと呼んでいます。陸マイラーの多くは、クレジットの支払いやクレジットカード会社のキャンペーン、ポイントサイトなどでマイルを稼ぐことが多いです。

陸上でマイルを稼いでいるので、仕事をしながらでも陸マイラーになることが可能です。月々の支払いの方法を見直すだけで簡単に陸マイラーになれます。

陸マイラーはANAカードが主流

陸マイラーになろうと考えたときに、クレジットカードをどこで作るかは大きな問題なのでじっくり考えましょう。クレジットカードで支払いをしたときのマイルの還元率はどのくらいなのかはカード会社によって異なります。陸マイラーになりたいときには、できるだけマイルの還元率の高いクレジットカードを選ぶことが大切になります。

陸マイラーの主流はJALカードよりもANAカードです。ANAカードはクレジットカードを作った時点で3万円以上のマイルがもらえるキャンペーンを行っていることが多いので、そういったキャンペーンを利用することでお得にマイルを貯めることができます。しかし、JALカードはそういったキャンペーンが少ないというデメリットがあります。

JALカードはマイルが貯まりにくい?

JALカードは他のカードと比べてもマイルが貯まりにくいことで知られています。陸マイラーであるからにはマイルを貯めたいので、マイルが貯まりにくいカードは避けてしまうかもしれません。しかし、JALマイルは換金する際、ANAマイルよりも価値が高いため、マイル自体は貯まりにくいですが、同じマイルを貯めたときの価値はJALマイルの方が高いです。

陸マイラーの中にはあえてJALマイルを貯めている人もいるので、決してJALカードが陸マイラーに不向きというわけではありません。

ANAカードの選び方

お得さ重視ならANA JCBカード

ANAのクレジットカードを作る際、JCB、VISAといった国際ブランドを選ぶことができます。国際ブランドによって、カードの種類や、マイル移行手数料などに少し違いがあります。特にJCBはマイルの移行手数料がVISAより安く済むので、お得さを重視するのであればJCBにするのが良いかもしれません。

マイルを稼ぐならANA JCBの一般カード

陸マイラーとしてマイルを稼ぎたいという場合はANA JCBカードの一般カードがおすすめです。年会費は初年度無料、2年目から2,160円(税込)となっています。また、これは国際ブランドによらないのですが、買い物などで1,000円(税込)使用毎にマイルと交換できるポイントが1ポイント付与されます。

一般カードがおすすめの理由は、JCBの場合は付与されたポイントが1ポイント=10マイルとなる10マイルコースで移行する際の手数料がVISAより安くなっており、お得だからです。

VISAとJCBのマイル移行手数料比較

ANA VISA一般カードの場合、1ポイント=10マイルに移行する際の手数料は6,480円(税込)となっていますが、ANA JCB一般カードなら同レートで手数料が5,400円(税込)です。このように、手数料の面ではJCBがお得となっています。

18歳以上の学生なら学生用カードという選択肢も

18歳以上で、日本国内の大学院、短大、専門学校、高専の4・5年生のみ申し込みできる学生カードも存在します。ANA JCBの学生カードは年会費無料となっており、10マイルコースの移行手数料も無料です。

他の種類のANA JCBカードで10マイルコースの移行手数料が無料なのはゴールドカードとプラチナカードだけなので、条件に当てはまる人はお得にマイルを貯められるチャンスかもしれません。

JALカードの選び方

JALカードは4種類

JALのクレジットカードには、JALカード(一般カード)、JALカードCLUB-A、JALカードCLUB-Aゴールド、JALプラチナカードの4種類があります。陸マイラーになる際、クレジットカードで支払いをしたときに還元されるマイルが重要になります。JALカードや他のカードも、一般カードよりもゴールドカードやプラチナカードの方がマイルが貯まりやすいです。

JALカード(一般カード)がおすすめ

JALに限らず、どこのクレジットカードもゴールドカードの方がマイル還元率が高いのですが、JALには「ショッピングマイル・プレミアム」というサービスがあり、年間3,240円(税込)でマイル還元率を1%にしてくれます。この制度を活用すれば、4種類のカードのどれを使ってもマイル還元率が1%になるので、年間費が掛からない普通のJALカードを選ぶのがおすすめです。

そのため、陸マイラーがJALカードを使う場合は、ショッピングマイル・プレミアムに加入した方がお得です。加入しないと還元率が0.5%なので、陸マイラーとして稼ぐためには1%の還元率は必須といえます。

JALカードCLUB-Aを使う場合

飛行機にある程度乗るという人は、CLUB-Aがおすすめです。年会費は10,800円(税込)で、年会費に+3,240円(税込)することでショッピングマイル・プレミアムが利用可能です。

  • 入会後初回搭乗時5,000JALマイル付与
  • 毎年初回搭乗時2,000JALマイル付与
  • 毎回搭乗するとボーナスマイル+25%
  • 海外旅行保険/国内旅行傷害保険の上限が5,000万円

もともと航空会社のクレジットカードなので、航空券を購入したときのボーナスが多くなっています。

JALカードCLUB-Aゴールドの特典

年会費17,280円(税込)で利用できるのが、JALカードCLUB-Aゴールドです。

  • ショッピングマイル・プレミアムに自動加入
  • 入会後初回搭乗時5,000JALマイル付与
  • 毎年初回搭乗時2,000JALマイル付与
  • 毎回搭乗するとボーナスマイル+25%
  • 海外旅行保険/国内旅行傷害保険の上限が5,000万円~1億円
  • カードラウンジ利用可

こちらもやはり、陸マイラーよりもフライトマイラー向けのカードです。

JALプラチナカードの特典

年会費33,480円(税込)で利用できるのがJALプラチナカードです。

  • ショッピングマイル・プレミアム自動加入
  • 入会後初回搭乗時5,000JALマイル付与
  • 毎年初回搭乗時2,000JALマイル付与
  • 毎回搭乗するとボーナスマイル+25%
  • 海外旅行保険/国内旅行傷害保険の上限が5,000万円~1億円
  • カードラウンジ利用可
  • アドオンマイル
  • プライオリティ・パス(世界中のビジネスラウンジが利用可能)
  • レストラン1名無料
  • コンシェルジェサービス

コンシェルジュサービスは、24時間365日体制でコンシェルジュがついてくれて、ホテルや航空券の手配などを行ってくれます。アドオンマイルは、航空券を購入したり、機内で買い物をすると4%のマイルが還元されるというものです。

陸マイラーをするだけなら普通カードで十分

カードの特典をご紹介しましたが、JALカードはフライトマイラー向けの効果が高いので、陸マイラーとして使うのであれば、JALの普通カードでも問題はないでしょう。ショッピングマイル・プレミアムに加入してしまえば、還元率はどのカードでも同じになってしまうので、頻繁に飛行機に乗る人でなければ、CLUB-Aやプラチナカードの機能は不要でしょう。

JALマイルをより多く貯める方法

(1)クレジットカードで買い物をする

JALカードを使って買い物をすることで、使用金額の1%のJALマイルが還元されるので、積極的にクレジットカードで買い物をしながらマイルを貯めていきましょう。コンビニなどではマイルが2倍、3倍というキャンペーンを行っているところも多いので、マイル還元率が高いときを狙って買い物をする、というのも手段のひとつです。

(2)ポイントサイトを経由して買い物をする

ポイントサイトにもマイルと交換できるところがあるので、ポイントサイトで広告を見たり、動画を見たりすることでマイルを貯めることができます。それ以外にも、ポイントサイトによってはポイントサイトを経由して買い物をすると還元するマイルが増加するということもあるので、陸マイラーになるときにはポイントサイトについてもよく調べておくと良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る