陸マイラ―にとっても大きなメリットになる話題の仮想通貨とは?

陸マイラ―にとっても大きなメリットになる話題の仮想通貨とは?

181view

2018.07.03

大ブーム!陸マイラ―も注目の「仮想通貨」とは?

いまさら聞けない!?仮想通貨とは

実際に法律でも定められている「財産的価値を電子情報における取引」です。簡単にいえば、「IT技術を使ってインターネット上で取引や決済することが可能な通貨」「財産価値があり、世界中の多くの人から認められている通貨」、「だれにでも使用することができ、だれにでも渡すことのできるインターネット上の通貨」になります。

資金決済法2条5項での仮想通貨について、わかりやすく説明すると、「物品を購入したり、借り受けたりした場合に、この代価の支払いのために不特定多数の人に渡すことのできる財産的価値」ということになるのです。

今までは、実際の通貨である「円」や「ドル」などの法定通貨を「代替通貨」として、電子マネーやポイントなどにしていました。これが、仮想通貨になると「派生通貨」でアルトコインに替わります。

発行元が重要!仮想通貨の安全性

仮想通貨はインターネット使用した取引なため、デジタルデータで保護され、プログラミングで発行される通貨ですから、安全なのかどうかセキュリティが気になる人も多いでしょう。そこで、仮想通貨のポイントとして、ひとつは「だれがこの仮想通貨をコントロールしているのか」という点です。円やドルとは異なり、現実の通貨の扱いとは異なるセキュリティが必要になります。

法定通貨と仮想通貨の違い

たとえば、円やドルなどの「法定通貨」とデジタルデータで管理されている「仮想通貨」には、以下のような違いがあります。

  • 単位

「法定通貨」の場合は円やドル、ポンド。「仮想通貨」の場合は、3文字からなるBTCなどのアルファベット。

  • 実態(スタイル)

「法定通貨」は、紙幣や硬貨。「仮想通貨」の場合は、デジタルデータ。

  • 発行元

「法定通貨」は、各国が発行。「仮想通貨」は、プログラミングで自動発行。

  • 発行される通貨の状況

「法定通貨」の場合は、国が金融政策などに合わせて、通貨の発行量を決定する。そのため、国の信頼や信用が、通貨の信用として担保される。「仮想通貨」の場合は、プログラミングにより2100万BTCと発行上限が決まっている。技術の一部ブロックチェーンが信用となり担保になる。

仮想通貨の安全性「ブロックチェーン技術」とは?

ブロックチェーン技術とは、仮想通貨事態が持っている数多くの機能のひとつです。それぞれの仮想通貨を発行するプログラマーは、高い技術を持っているので、仮想通貨を安全にするブロックチェーンを組み込みます。

これによりインターネット上で取引することが安全に取引できるようになり、「通貨」と「技術」が一緒に管理されます。現在でも開発が進められていますが、金融の仕組みにも影響を与えているのが仮想通貨です。

知っておくべき仮想通貨の仕組み

分散型ネットワークのブロックチェーン

仮想通貨の仕組みのひとつでもあるブロックチェーンは、「分散型ネットワーク」とか「分散型台帳」と呼ばれ、仮想通貨を使用する人同士で監視します。このブロックチェーン内で優先されるのは、正しいデータだけになり、正確な情報のみが共有され確認できるようになります。

たとえば、お金を送るために銀行から送金するときや、商品を買うためにクレジットカードを使うときのイメージです。ここから、銀行やカード会社を取り除いた取引が、仮想通貨と同じ状態です。相手に渡すまで送金したいおかねは自分で持っており、送金のときに直接相手に渡す。これがインターネット上で繰り返されています。

管理者なし

管理者が存在しない仮想通貨は、「特定の国」や「特定の企業」に価格をコントロールされることはありません。これは、仮想通貨を扱う技術者が、その技術を使用して操作されない仕組みになるように組み込んでいることに関係しています。

これは、分散型ネットワークや分散型台帳のシステムが問いいれられているので、投資する人と投資を受ける人の間には、インターネットしか存在しません。そのため、商品の価格を管理したり、何らかのコントロールをしたりする管理者はいないということになります。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類もさまざまです。認知度の高いものでは「ビットコイン」がありますが、知名度のある銘柄で20種類ほどあり、世界の仮想通貨は、1,500以上あるともいわれています。ビットコインのように認知度が高くなれば、信用度や広い範囲で使うときにも安心感があるのかもしれません。他にも「リップル」や「イーサリアム」なども利用者の高い仮想通貨です。

仮想通貨の取引所

仮想通貨のプログラマーが、BTCをプログラミングして発行する仮想通貨は、「仮想通貨」自体が安心だと思っている人同士が使用します。その人たち、つまり投資目的で仮想通貨を扱う人たちが集まっている所、それが「仮想通貨取引所」であり、世界中に点在しています。仮想通貨の復旧が比較的少ない日本では、使用できる店舗は数多くありません。

しかし、世界中にある取引所を使用するなら、世界共通のお金を使った投資や取引が可能になります。仮想通貨事態が、「両替をしてドルに統一する」という取引方法でなく、相手の通貨そのまま取引を行えるという仕組みです。

仮想通貨で取引開始!陸マイラ―初心者でもできる3つのこと

1・商品を買うために仮想通貨を使う

一般化するまではもう少し時間が必要ですが、インターネットに計上されている日用雑貨、アクセサリー、ファッション、飲食物などの購入にも使用できます。国内の仮想通貨を使用するなら、通常のインターネットでの通販と大差はなく始めることができます。直接そのお店から買って、直接支払うという方法に替わるだけです。

現在では、大手企業が出展しているインターネット上の店舗で使用でき、仮想通貨がブームになったことで、決済方法として広まっています。

2・仮想通貨を使った送金

インターネット上のアプリを通して送金したりお金を受け取ったりすることが可能です。電子マネーとは異なるシステムを持っています。「電子マネー」とは、購入したい物品のある店舗への送金や受け取りのみに使えるもの、「仮想通貨」とは、個人間の送金や受け取り、店舗への直接の支払い、コミュニティを使った投資が可能なものという特徴に分けられるでしょう。

そのため、仮想通貨を使用した送金を効果的に活用すると、海外への送金手数料コストを抑え、リアルタイムで送金することが可能になります。さらに、直接先方への送金となります。手数料や送金時間を減らしても、セキュリティが強いというメリットがあるのは、仮想通貨の大きな特徴です。

3・仮想通貨での投資

現在でも、仮想通貨の目的の中心で、主流になっているのが、「投資」です。仮想通貨の始まりが、技術の進化・進歩から始まったものでした。仮想通貨は、投資のためのものと思っている人も多いことでしょう。しかし、世界中のたくさんの通貨が存在する仮想通貨は、ギャンブルのようなイメージがあったかもしれません。

しかし、2018年に入って、クレジットカードでの仮想通貨の購入が禁止されたり、取引所の規制が増えたりと世界中でさまざまな動向が見えています。こうした規制のおかげで、やりにくくなる面もあるのは事実ですが、陸マイラ―や初心者でも簡単に始めることが可能になりました。

陸マイラ―&初心者でも始められる仮想通貨の投資

ネットショッピングやコミュニティから始める仮想通貨

ネットショッピングなど、通信販売と同じように始めることができます。仮想通貨取引所に登録することからスタート。登録後は、いきなり商品の売買を始めるよりも、コミュニティを使用してやり取りしてみたり、商品の購入などをチェックしたりしてみることがおすすめです。

陸マイラ―&初心者でも始められる仮想通貨の投資

慣れるまでは国内の仮想通貨取引所から始めるのがおすすめです。「ビットフライヤー」や「Zaif」「ビットバンク」などから、徐々に幅を広げてみましょう。

仮想通貨の種類によっては、国内の取引所であってもパスポートや国際免許証などが身分証明書として必要になることもあるので、取引前に準備しておくのはおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る