陸マイラー空を飛ぶ!マイルを増やすコツはプラチナステータス

陸マイラー空を飛ぶ!マイルを増やすコツはプラチナステータス

76view

2018.07.03

ANA陸マイラーが選ぶべき空の旅

陸マイラーとは、実際に飛行機に搭乗することなくマイルを貯めるマイレージ会員ですが、陸でマイルを貯める方法は限られています。ある程度は陸で貯めることはできますが、陸マイラーになったら目指したいのは、ずばり「マイルの循環」です。

陸マイラーで貯めたマイルは、特典航空券ではなくANAスカイコインにするのです。そして、ANAスカイコインで航空券を購入し、フライトマイルとプレミアムポイントを加算します。その積み重ねを続けることで、プレミアムポイントを貯めてプレミアムサービスを受けられるステータスを手に入れましょう。そのステータスの中でも特にプラチナ会員を目指すことをおすすめします。

陸で貯めたマイルを循環させるとブロンズ会員になることができます。ポイントの循環が一気に加速しますが、そこで気を抜かずにプラチナ会員を目指すのです。プラチナ会員になれば、国際線で、搭乗手続き時に空席があれば追加料金なしにプレミアムクラスに搭乗可能になります。

フライトマイルのボーナスマイルもブロンズ会員の約2倍の割合で付与されます。陸マイラーとして貯めたマイルを最大限生かすコツは空を飛ぶことなのです。

陸マイラーが目指すべきプラチナサービスとは?

ANAマイレージクラブはマイルの他に「飛行機に搭乗して貯めるポイント」があります。飛行機に実際に搭乗して貯めるANAプレミアムポイントによりプレミアムサービスを受けることができ、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドとランク付けされます。それぞれの会員ランクは全て1年間限定の資格です。

航空会社はさまざまなサービスを提供しており、マイルを貯めて特典に交換できるサービスもその一つ。そのなかでも特に飛行機に搭乗せずにマイルを貯める陸マイラーは、普段の生活などでマイルを貯めることから始めます。

特に、ANAではクレジットカード機能付きのマイレージクラブカードを利用して、マイルが貯まりやすい仕組みが用意されており、陸マイラーには人気です。公共料金の支払いはもちろんですが、普段の買い物もポイントが貯まるコツを知り尽くして生活をすれば、マイルも貯まっていきます。

新しくクレジットカードを作ったり、買い物で得たポイントをマイルに交換したり、飛行機に乗らなくてもマイルは貯めることができます。しかし、新しいカードを作るにも限界がありますし、買い物ばかりするわけにもいかないでしょう。

そこで活用したいのが、飛行機に実際に搭乗して貯めるANAプレミアムポイントです。プラチナステータスになれば、搭乗マイルが貯まりやすくなりますし、マイルを特典に交換するときの円換算レートが高くなっていきます。ここでいう円換算とは、1マイルが何円になるかということです。

陸マイラーとして飛行機に搭乗せずにマイルを貯めるだけでなく、実際に飛行機に搭乗して、マイルを効率よく循環させていくことが、たくさんのマイルを貯めるコツといえるのです。ANAマイレージクラブのプレミアムサービスは、3つのランクに分けられます。その3つのうちプラチナ会員を狙うべき

理由は、ランク付けのポイント数とサービスの内容とのバランスです。

ブロンズ会員

年間の獲得プレミアムポイント数が30,000

プラチナ会員

年間の獲得プレミアムポイント数が50,000

ダイヤモンド会員

年間の獲得プレミアムポイント数が100,000

ダイヤモンド会員はとプラチナ会員の間に50,000ポイントの差がありますが、ブロンズ会員との間には20,000ポイントの差しかありません。

また、クレジットカードの種類によっては、会員になるためのポイントの差が半分に設定されていることもあります。クレジットカードを決めるときは「プレミアムサービスを受けることを想定」して選択することがプラチナ会員への近道です。

フライトシミュレーションで探るプラチナ会員の魅力

東京の羽田空港と沖縄の那覇空港を片道正規料金で搭乗した場合をシミュレーションしてみましょう。フライトマイルは、984の路線です。プレミアムポイントは一律2,368で、フライトマイルの984に路線倍率として2倍され、さらに搭乗ポイントとして400が加算されます。

フライトマイルやプレミアムポイントは一律での加算ですが、ボーナスマイルには差があります。その根拠となるプレミアムステイタス加算の割合に着目してください。正規運賃とANA一般クレジット機能付きカードで、ステータスの違いによるシミュレーションです。2018年6月1日を基準日として設定しています。

一般会員

プレミアムポイント2,368(=フライトマイル984×路線倍率2倍+搭乗ポイント400)

ブロンズ会員(ステイタス1年目)

ボーナスマイル393(フライトマイル984×プレミアムステイタス40%)

ブロンズ会員(ステイタス継続2年以上)

ボーナスマイル492(フライトマイル984×プレミアムステイタス50%)

プラチナ会員(ステイタス1年目)

ボーナスマイル885(フライトマイル984×プレミアムステイタス90%)

プラチナ会員(ステイタス継続2年以上)

ボーナスマイル984(フライトマイル984×プレミアムステイタス100%)

ダイヤモンド会員(ステイタス1年目)

ボーナスマイル1,131(フライトマイル984×プレミアムステイタス115%)

ダイヤモンド会員(ステイタス継続2年以上)

ボーナスマイル1,230(フライトマイル984×プレミアムステイタス125%)

ボーナスマイルのプレミアムステイタスの違いにより、プレミアムステイタスによって貯まるマイルに差がつきます。ブロンズ会員とプラチナ会員の差と比べて、プラチナ会員とダイヤモンド会員の差はそれほど大きな開きはなく、会員になる条件を考えたとき、プラチナ会員は十分に射程範囲にあるといえます。

ANAスカイコインへの円換算に差が出るプレミアム会員

プレミアムサービスを受けることができる全てのランクのメリットは、マイルをANAスカイコインに交換するとき円換算のレートが上がることです。

陸マイラーで貯めたマイルは特典航空券にすることもできますが、それではマイルを循環させることができません。でも、ANAスカイコインに交換して航空券を購入して飛行機に乗れば、フライトマイルとプレミアムポイントを貯めることができます。

プレミアムメンバーは次の倍率でANAスカイコインに交換できます。

9,999マイルまで1倍

10,000マイル

1.3倍→13,000コイン

20,000マイル

1.4倍→28,000コイン

30,000マイル

1.5倍→45,000コイン

40,000マイル

1.6倍→64,000コイン

50,000マイル

1.7倍→85,000コイン

50,000マイル以上は200,000マイルまで1.7倍

ANAスカイコインは、航空券購入時に1コイン1円の価値として使えますが、10コイン、すなわち10円単位での支払いに利用可能です。ほぼ現金と同じように使えます。つまり、陸マイラーで貯めた50,000マイルを85,000コインに交換すれば、35,000円の差が生まれるのです。

その上、ANAスカイコインで購入した航空券は、フライトマイルやプレミアムポイントも貯まります。陸マイラーが空を飛び始めたときこそ、マイルを増やす楽しみが本格化していくタイミングです。空の旅を楽しみながらマイルを循環させて、特典航空券、国際線の無料アップグレードといった、いろんな楽しみ方を覚えていってください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る