陸マイラーの人にありがちなクレカ解約に関する注意点とは

陸マイラーの人にありがちなクレカ解約に関する注意点とは

327view

2018.07.03

クレジットカードが溜まってしまう

昨今では、マイルを貯める方法が非常に増えてきたこともあり、陸マイラーの方にとってはどんどんマイルを貯めることができて、いい環境になっているのではないかと思われます。一方で、マイルを貯めるためにクレジットカードを新しく作成していくことを繰り返して、クレジットカードが知らないうちに溜まってしまったという人もいます。

そのような場合、クレジットカードを解約することを考えることも自然なことですが、クレジットカードを解約する際には注意すべき点も多々ありますので、その点については頭に入れておかなければなりません。

なぜクレジットカードが溜まる?

クレカのポイントはマイルに移行できる

マイルを貯める方法の一つに、「提携しているクレジットカード会社のカードのポイントをマイルに置き換える」というものがあります。

クレジットカードの中には契約を行うとその時点でポイントが付与されるサービスを展開しているものもありますから、提携しているカードが増えている今マイルを貯めることができる方法はとても増えているといえるでしょう。

しかし、それはクレジットカードがどんどん増えていってしまう原因になってしまいます。当然ですが、作成時点でポイントが増えるクレジットカードをどんどん作成していくと、クレジットカードで溢れてしまうということにありますから、その点については注意しなければならないということになります。

年会費が負担に

クレジットカードが増えてしまった場合、一番困ってしまうのは年会費です。クレジットカードを何枚も使い分けるというようなことをする人はあまりいないと思われますので、必要以上にクレジットカードを持っていても管理が大変になります。

年会費無料のクレジットカードでもしっかりと自分で持っておくことが求められるのですが、年会費が有料なクレジットカードの場合は、月々にお金を支払う必要があるので大変です。クレジットカードの年会費はゴールドカード等のランクの高いカードを除くと数千円となりますが、何枚も持っているとかなり膨れ上がってしまうので油断は禁物となります。

陸マイラーの人にとってマイルを貯めるというのは基本的なファクターになる一方で、マイルを貯めるためだけに集中しすぎて無駄にお金を掛けすぎてしまっては元も子もありません。クレジットカードをたくさん作成してしまうという行動は、一番そのような事態に繋がってしまいますので、やはり解約については真剣に考える必要があるということになります。

まず、解約するクレジットカードに関しては必要のない年会費有料のクレジットカードから優先的に解約することが一番です。次項では、注意点も含めてクレジットカードの解約について説明していきますので、しっかりとチェックしてもらえればと思います。

クレジットカード解約における注意点とは

クレジットカードを一気に解約するのは不安がつきまとう

クレジットカードの解約を一気に行ってしまう場合、信用情報機関に記録として残ってしまいますので、あくまで可能性としてですがその点がマイナスになってしまいかねません。そのため、できるだけクレジットカードを解約するならば一気に解約するようなことは避けるようにした方が無難です。

前述の通り、必要のない年会費有料のクレジットカードを優先して解約するようにしましょう。もちろん、年会費有料であっても自分が付与されているサービス等を積極的に利用することができるクレジットカードを解約することは本末転倒です。

陸マイラーの人にとっては、マイルを貯めておくためのクレジットカードは当然持っておかなければなりませんし、それ以外のカードであっても大切なものであるならば、整理目的で解約することは避けなければなりません。

クレジットカードの使用年数が長いものは残す

クレジットカードに関する情報は、基本的に契約、解約、自己情報など詳細に至るまで記録されていることが特徴になります。

自己破産をしてしまった人のようにクレジットカードを一切作成できないという状況になることはありませんが、なるべく信用されないようなことをしない方がいいのは、間違いありません。

信用されるか判断される項目には、クレジットカードの使用年数というものが存在します。 当然のことながら、クレジットカードの使用年数が長いほど信用される傾向にありますので、年会費との兼ね合いではありますが、使用年数が長いクレジットカードは残すようにしましょう。

契約直後に解約するのはNG

クレジットカードの中には契約するとすぐポイントがもらえるものが存在します。しかし、中にはポイント目的で契約するとポイントをもらってメインで使用しているクレジットカードに置き換えた後、すぐに解約してしまうという人もいます。

これに関してはクレジットカードを簡単に解約するということで、使用歴の短いクレジットカードの記録がマイナスポイントになってしまうので要注意です。つまり、クレジットカードを解約するタイミングは、「早すぎてもダメだし、年数が経っているものは残しておくべき」というしっかりとした判断が求められるものになります。

月額決済に関しては要注意

クレジットカードを月額決済に利用するのは、もはや当たり前になっています。しかし、解約に際してはクレジットカードの月額決済は大きな留意点になってくるのでしっかりと確認しておきましょう。
まず、クレジットカードの月額決済は常に行われるものになりますので、月額決済を行っているクレジットカードを解約すると契約上複雑な問題が出てきてしまいます。

そのため、溜まったクレジットカードをいくつか解約して整理する際には、解約を考えているクレジットカードの月額決済の有無をしっかりとチェックしておきましょう。解約予定のクレジットカードに月額決済がある場合は、しっかりと支払先の振替を行わなければなりません。

残しておくクレジットカードに振替えるのか、銀行口座振替にするのか方法はいくつかありますが、少なくとも解約するクレジットカードのままにしておくのは必ずやめるようにしましょう。また、解約を考えているクレジットカードの支払いが残っている場合は、解約手続きは行ってはなりません。

解約時に口座から一括で引き落としてもらえるだけで済むならいいですが、口座に支払うための金額がない場合は、信用情報機関に事故情報が載ってしまう可能性があります。

信用情報機関に自己情報が載るのは「ブラックリスト入り」といわれるほど大きな事態なので(クレジットカードが作れない、ローンが組めないといった可能性がある)、必ず支払いが終わっているクレジットカードだけを解約するようにしましょう。

クレカ管理も陸マイラーにとっては大事になる

マイルはとても高品質なサービスを利用することができますので、陸マイラーの人にとってはしっかりと貯めておきたいものです。

しかし、マイルを貯めるためにクレジットカードを無軌道に作成してしまうことは年会費や管理の面で大変になりますし、いざ解約するということになっても注意しなければならないことが多いことが分かります。

今後クレジットカードを作成することに関する支障が出てしまうことは避けるべきですし、事故情報が信用情報機関に載ってしまうというのはもってのほかです。「マイルを貯めるために提携しているクレジットカードを作成しよう」と考えている場合は、その場合の管理や年会費について考えなければなりません。

また、「クレジットカードを作りすぎてしまったから、整理するためにいくつか解約したい」という人は、本稿に記載されている解約に関する注意点に気を付けて、解約の手続きを行っていただければと思います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る